お電話でのお問合せなら 042-740-9774

逆浸透膜浄水器(RO浄水器)NAVI

HOME > 蒸留水とは > 他の水との比較
他の水との比較

ミネラルウォーターとの比較

最近では日本でも水道水の危険性が多くのメディアなどで取り上げられ、市販のミネラルウォーターが着々と売り上げを伸ばしています。しかし、このミネラルウォーターすらも実は危険性をはらんだ水なのです。
なぜなら、ミネラルウォーターの様な湧き水は、採取した時期により水質が違うからです。
当初は安全であったミネラルウォーターも採取時期によっては高濃度の硝酸性窒素や放射性物質などが混入していたりします。また、1995年には、日本で販売されていたミネラルウォーターにカビが混入されており、商品が回収されるという事件が発生し、すでにミネラルウォーターの安全性は信頼を失い始めています。アメリカにおいては、すでにミネラルウォーターに対する信頼はなく、その姿を消してしまっているスーパーマーケットもあるほどです。
その結果、アメリカで注目を集めているのが蒸留水です。採取時期に左右されず、自宅でも手軽に貯水ができるのです。日本においては相変わらずミネラルウォーターが販売されていますが、私たちもそろそろ「ミネラルウォーター=安全な水」と言う考えを改め、蒸留水を各家庭で使ってみてはいかがでしょうか?

1リットルあたり数十円という安い費用で手に入れられる蒸留水こそ、今後、私たちの生活になくてはならない水なのではないでしょうか?

浄水器との比較

水道水を浄化するため、家庭やオフィスの水道に浄水器が取り付けられているのは良く見かけるかと思います。しかし、このような浄水器では水道水の危険性を十分に取り除くことができません。
一般家庭で使われているタイプのものは、ある程度塩素やカビ臭といったものを取り除いてくれますが、トリハロメタンなどの有害物質や水道管の錆び・鉛などには対応できないものも少なくありません。
また、浄水器でろ過した水は、塩素を取り除いてしまうことがあだとなり、細菌が繁殖しやすい状態となります。そのため、水で作った氷からカビが生えてしまったというようなトラブルも実際起こっています。そして、困ったことに浄水器の中には製作時に合成界面活性剤などの有害物質を使っていることもあるのです。こうした有害物質はお湯などを使うと溶解し流れ出す恐れがあります。また、ろ過機能の向上を求めて高価な浄水器を購入したとしても、結局は定期的にカートリッジを交換するなど、維持費用がかかってしまいます。
結局、浄水器は安いものを使うと危険性が増し、性能の良いものを使うとなると費用がかかりすぎてしまうのです。それなら、安全性においても費用面においても効果的な蒸留水を使った方が良いのではないでしょうか?蒸留水器を購入すれば家庭の水道水からでも蒸留水を作り出すことができるため、手軽に安全な水を手に入れられます。

ページトップへ

蒸留水の製品についてはこちらから

Copyright (C) 2007. 蒸留水.com All Rights Reserved.