お電話でのお問合せなら 042-740-9774

逆浸透膜浄水器(RO浄水器)NAVI

HOME > 蒸留水器のご提案 > 蒸留水器選びのポイント
蒸留水器選びのポイント

電気代

蒸留水器を使うと家庭でも手軽に蒸留水を得ることが出来ます。
しかし、やはり気になるのは電気代ですよね。いくら初期費用が安くても後々のランニングコストがかさんでしまうようでは、あまり使いたくありません。
でも、ご安心ください、蒸留水器の中には、省エネ設計で家計に優しいタイプがあります。定期的に買い足しや交換が必要となるミネラルウォーターや浄水器とは違い、ランニングコストを抑えられるのが蒸留水器の大きなメリットの1つです。蒸留水器は省エネ設計で、とことん家計に優しいものを選びましょう。

メンテナンス

メンテナンスは、なるべくならあまりしなくて済むものが良いですよね。
蒸留水器なら、一ヶ月に一度程度、専用クリーナーで簡単に清掃するだけなので、ミネラルウォーターのペットボトルのように無駄なゴミや資源を出しません。また、浄水器のように定期的にフィルターを交換すると言った無駄な費用もかかりません。ほぼメンテナンスフリーの蒸留水機で手間・暇かけず、安全な水を手に入れましょう。

サイズ

蒸留水器にも様々なサイズのものがありますが、家庭用の一般的なものだとモーターなどの部品やタンク内のサイズに限界があるため、大体1回で作れる蒸留水は4リットル程度です。蒸留水器を置く場所の寸法なども考慮し、適切なサイズのものを選びましょう。

価格

一般的に販売されている蒸留水器は約5万円から10万円、またはそれ以上の価格帯のもあります。長く使うようであれば多少価格が高くても、品質の良いものを選ぶことをオススメします。ランニングコストとしてかかるのはわずかな電気代のみで、水の単価も1リットル当たり15円程度と非常にお徳です。
また、ミネラルウォーターや浄水器などのように買い足しや買い替えによるランニングコストがかからないのも魅力の1つです。

信頼できる業者か

蒸留水器をただ販売するだけではなく、購入した後も電話やメールなどのサポート対応をしてくれるか、末永くお付き合いできる業者であるかをしっかり確認しましょう。

ページトップへ
Copyright (C) 2007. 蒸留水.com All Rights Reserved.